【ゆたぼん父手記】わが子を批判する「学校へ行った大人たち」へ(1/4ページ) - イザ!

メインコンテンツ

ゆたぼん父手記

わが子を批判する「学校へ行った大人たち」へ

小学生ユーチューバーゆたぼん(提供写真)
小学生ユーチューバーゆたぼん(提供写真)

※オピニオンサイト「iRONNA」に掲載された論考です。肩書などは当時のものです。

中村幸也(ゆたぼんの父、心理カウンセラー)

現在10歳のゆたぼんが行きたい時にだけ学校に行く「自由登校」という道を選択したことに対して、賛否両論の声が上がっていますが、僕は親としてゆたぼんの活動を応援しています。なぜなら、僕は子供をひとりの人間として尊重しているからです。ゆたぼんが自分で決めたことを応援し、できる限りのサポートをしていこうと思っています。

子供は好奇心が旺盛です。そして人が成長するのに好奇心は欠かせません。好奇心を満たしてあげることで子供は育つし、その子の可能性を大きく伸ばしていくこともできます。だから僕はなるべく子供の「好奇心の芽」をつまないように気を付けながら見守っています。

もちろん、危険がある時は注意してみる必要があるし、命に関わるような時はストップをかけるのも親の役目です。しかし危険があるからといって何でもかんでも「禁止」にしてしまったら、本来そこから学べることも学べなくなってしまいます。時には「危険」に立ち向かいチャレンジすることだって、学びの重要な一部ではないでしょうか。

そもそもゆたぼんがユーチューブを始めたのは、「大人になったらお笑い芸人になりたい」と僕に言ったことがきっかけでした。

「じゃあ大人になるまで待たなくても、今からお笑い動画を撮ってみたら?」と僕が言うと、ゆたぼんはユーチューブでお笑いを研究し、そこから一緒に色んな動画をアップするようになったのです。

「子供を金もうけに利用して」なんて的外れなことを言う人もいますが、僕は子供がやりたいこと、挑戦したいことを全力でさせてあげているだけです。これは「野球をしたい」という子供や「ピアノを習いたい」という子供となんら変わりません。

子供が野球をしたいと言ったら、グローブやバットを買ってあげたり、少年野球に入団させたり、親子でキャッチボールをしたりもするでしょう。

その姿を見て「将来は子供をプロ野球選手にして金もうけさせる気だ」なんて考える人はめったにいないでしょう。それと同じで純粋に「子供のやりたいことをさせてあげたい」と考えるのが親心ってもんではないでしょうか?

時代が変わり子供が将来なりたい職業に「ユーチューバー」がランクインするようになりました。大人になったらプロ野球選手になりたい子供が少年野球を始めるのと同じように、ユーチューバーになりたい子供が動画を撮影するようになるのは自然な流れでしょう。

ユーチューバーを実際にやってみると、動画の企画を考えて撮影し、そこから編集したりと、意外と大変なことも多いです。でもその経験はゆたぼんの成長にもつながっています。

野球選手を目指す子もユーチューバーを目指す子も、たとえその夢がかなわなくても、その夢が途中で変わったとしても、挑戦して得た経験は絶対に無駄にはならないと思います。

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  5. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で