阪神が二回にイッキ逆転! マルテ同点2ランから糸原、大山が適時打

阪神が二回にイッキ逆転! マルテ同点2ランから糸原、大山が適時打
阪神が二回にイッキ逆転! マルテ同点2ランから糸原、大山が適時打
その他の写真を見る (1/2枚)

 (セ・リーグ、阪神-中日、7回戦、10日、甲子園)阪神のジェフリー・マルテ内野手が0-2の二回に同点の2号2ラン。一挙5点の突破口を開いた。

 「コースに逆らわずセンター方向に打ち返すことを意識していたよ。強いスイングをすることができて、いいホームランになってくれたね」

 先発の西が高橋に2ランを浴び先制を許した直後だった。先頭の福留が四球。1死となり、マルテだ。1ボールからの内角129キロスライダーをフルスイング。弾丸ライナーで左翼席へと運び去った。

 M砲が作った流れに、ナインが乗る。2死となり、西が三塁線を破る左前打で出塁。D1位・近本が投手内野安打でつなぐと、糸原が左前適時打。「2死から西さんと近本がチャンスを作ってくれて、一気に勝ち越したい場面だったので、チャンスで自分の仕事をすることができてよかったです」。さらに糸井が四球で満塁とすると大山の中前2点打で、この回一挙5得点。試合をひっくり返し、先発・西を強力援護だ。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか