野村克也氏 平成で最も勝ち、最も負けた指揮官 もし監督要請がくれば…「喜んでやりますよ!」

野村氏は83歳にして、現場復帰に意欲満々
野村氏は83歳にして、現場復帰に意欲満々

 【特別企画 レジェンドたちの改元】野村克也氏

 ヤクルト、阪神、楽天の監督を歴任した野村克也氏(83)は、平成で誰よりも数多く勝ち、誰よりも数多く負けた指揮官だった。昭和は名捕手、平成は名将として鳴らし、2009年(平成21年)に監督として日本プロ野球史上最高齢の74歳で楽天のユニホームを脱いでから、はや10年。しかし、野球への情熱は全く衰えていない。令和の目標として、米大リーグ史上最高齢とされる87歳まで指揮を執ったコニー・マック氏を超えることを掲げた。(聞き手・塚沢健太郎)

 --ヤクルト、阪神、楽天の監督として平成通算1053勝は1位(2位はダイエー、ソフトバンクの王貞治監督の968勝。3位は巨人・原辰徳監督の960勝=23日現在)。平成で一番勝った

 「知らなかった。今は長く監督をやる人がいない。たいした能力もないのに長くやらせてもらった。そういう意味ではついている」

 --実は1092敗も平成1位。負けが上回っている

 「それでは名監督の中に入れないな。弱い球団ばかりやっていたから、そうなるわな。請負人といえばカッコいいけど、弱い球団ばかりで、貧乏くじばっかり引いていた。阪神で(敗戦数を)稼いだな。平成では3球団で監督をやったが、楽天は就任前年に97敗もしていた。どんどん弱いチームを任されるようになっていった。やらなければよかったのは阪神(1999-2001年)。選手もフロントも誰も言うことを聞かないし、大失敗だったな」

 --イチローが引退会見で『メジャーは頭を使わなくてもできてしまう野球になりつつある。日本の野球は頭を使う面白い野球であってほしい』と話していたが、今の日本の野球は頭を使っているようにみえるか

 「使っていない。頭の使い方をわかっていないのではないか。そういうことを教える指導者がいない。野球は頭のスポーツ。1球投げたら、プレーは休憩。あれだけ間のあるスポーツは他にない。これが何のためにあるのか、そこを考えろと。そこが俺の指導法の中心。次のプレーに備え、考え、狙う。戦術を考えるのが、あの間だ」

 --メジャーはもっと頭を使っていないようだ

 「天才ほど頭を使わないからな。来た球を打つという、大ざっぱな野球になってしまう。野球の一番の魅力は弱者が勝者を倒せること。日本の野球しか知らないけど、野球の本質をもっとしっかり考えて取り組んでほしいね」

 --平成で日米の差は縮まったか

 「南海のとき(1970年=昭和45年=に監督就任)、ドン・ブレイザーをヘッドコーチにした。ブレイザーが最初に言ったのが『日本の選手は頭を使っていない』。当時は日米野球でメジャーの単独チームが来て全日本と10試合やり、日本は1勝できればいい方だった。それが今はメジャーも16球団から30球団に増えて、全体的なレベルが下がっている。戦術や細かいプレーは日本の方が上だ」

 --日本もヤクルトのID野球が浸透しレベルが上がったが、最近は停滞しているようにみえる

 「また元に戻って、レベルが下がっている。組織はリーダーの力量以上には伸びない。監督は選手時代の経験がベースになるが、一番不満なのは、野球の本質を教える指導者がいないことだ」

 --令和の目標は

 「苦しまずに逝きたい」

 --まだまだ、やり残したことがあるはず

 「今は能力よりも処世術の時代。どこの球団も共通している。こんなプロ野球にしてしまったのは誰や? オーナーや球団社長は野球の専門家ではないから、自分の好き嫌いで、言うことを聞く監督を選んでしまう。メジャーは専門家をGMに置いている。そういうところから、直していかなければいけない」

 --もう一度野村監督にプロ野球を立て直してもらいたい

 「俺は年齢が邪魔をしているんだろう。でも、80歳で元気な人もいれば、その逆で若いのに老けている人もいる。メジャーリーグは87歳が史上最高齢監督だそうだ(アスレチックスのコニー・マック監督)。そういうのを聞くと元気になる」

 --もし監督要請がくれば

 「喜んでやりますよ!! ヤクルトは一度辞めた小川(淳司)監督を戻している。だったら、なんで俺を呼ばないの? ヤクルトで3度も日本一になったのは俺だけ。俺がオーナーで、そんな監督がいたら呼ぶけどな。うぬぼれかな」

 新記録の88歳となるのは令和5年。ぜひユニホームを着ていてほしいものだ。

 ちなみに、野村氏は「野村克也が選ぶ 平成プロ野球 伝説の名勝負」(宝島社、税込1404円)を発売。平成7年のヤクルトvsオリックスの日本シリーズをはじめ、平成31年にちなみ自身が関わった平成の31試合を厳選し、本人しか知り得ない舞台裏を野村節全開で解説している。

 ■コニー・マック 1894年からピッツバーグ・パイレーツで3年間、1901年からはフィラデルフィア・アスレチックスで50年間、87歳まで監督として指揮を執った。ユニホームでなくスーツ姿で試合に臨んだ。監督通算3731勝3948敗はいずれも米大リーグ史上最多。ア・リーグ優勝9度、ワールドシリーズ制覇5度。56年に93歳で死去。

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終