草間弥生も佐渡裕も学んだ京都市芸大 設立に明治の絵師

明治後期の授業風景。芸術界だけでなく、産業界にも逸材を送り込んだ(京都市立芸術大学「百年史」から)
明治後期の授業風景。芸術界だけでなく、産業界にも逸材を送り込んだ(京都市立芸術大学「百年史」から)

令和5(2023)年、JR京都駅近くへの移転を控える「市芸」こと、京都市立芸術大学(京都市西京区)。逸材を輩出し続ける芸術界の殿堂は、明治13(1880)年設立の画学校が起源で、国内にある公立芸術系大学としては最も長い歴史を持つ。学校設立のきっかけは幕末から明治にかけて京都が直面した危機にある。やがて学校は京都復興とともに存在感を高め、芸術界を支える屋台骨となる。

芸術界の苦境

京都御苑(京都市上京区)内の京都迎賓館が建つ北側の一角。ここで明治13年7月、京都市立芸術大学の源流である「京都府画学校」は産声を上げた。

日本画家で第1回文化勲章受章者、竹内栖鳳(せいほう)もこの学校で学び、後進の指導にも当たった。文化都市を標榜(ひょうぼう)する今の京都から見れば、「京都らしい」学校に映るかもしれない。

当時、京都の芸術界を取り巻く環境は厳しかった。元治(げんじ)元(1864)年、幕府側と長州藩による市街地戦(禁門の変)に端を発した戦火は市中を覆い、約2万7千件の家屋が焼失した。政治的混乱で復興も進まないまま、幕府は消滅。明治新政府の発足とともに首都の座は東京に移り、京都市域の人口は35万人から20万人あまりに激減したとされる。

打撃を受けたのが絵師たちだ。京都は朝廷や公家など有力者の仕事を請け負う絵師のほか、数多くの町絵師を抱えていたが、人口減と経済低迷で絵の買い手がなくなったのだ。

「染色の図案や測量図面を描いて、日銭を稼ぐ絵師もいたようです」。京都市立芸術大学芸術資料館学芸員の松尾芳樹さんはそう話す。画学校の設立には、京都の芸術界の存亡がかかっていたのだ。

流派を超えて

学校設立に奔走したのは市井に生きた絵師たちだ。明治11(1878)年、府知事に出された学校設立の建議書には、京都芸術界の主流・四条派を率いた幸野楳嶺(こうの・ばいれい)のほか、鈴木派の久保田米僊(べいせん)らが名を連ねた。初代校長に就いた田能村直入(たのむら・ちょくにゅう)は南画(なんが、文人画)界の大御所だが、各地の有力者を回って資金をかき集めた。

流派を超えた連携に、偶然の出会いが重なる。学校発足翌年、北垣国道(くにみち)は府知事に就任すると、資金面などで学校を支えた。松尾さんは「北垣は幕末、スパイと間違えられ処刑されそうになったが、森派の絵師、森寛斎(かんさい)の取りなしで命を救われた。絵師たちと知己があったのでは」と話す。

芸術を支えるには経済力を背景にした都市の「力」が不可欠。その意味でも北垣の存在は大きかった。京都は琵琶湖疏水などの事業を通じ、復興を成し遂げると、産業界が質の高い工芸品を作れる優秀な人材を欲したことで学校の存在感は高まり、芸術界に逸材を送り込んでいく。

「市立」の誇り

竹内栖鳳や女性初の文化勲章受章者、上村松園(しょうえん)、現代アートを代表する草間弥生さん…卒業生には日本の美術史を語る上で欠かせない存在がずらり。昭和44(1969)年には、画学校の流れをくむ京都市立美術大学と、市立音楽短期大学が統合。「市芸」発足後も世界的な指揮者、佐渡裕さんらを輩出した。

逸材を生む背景には、実技だけでなく、幅広い教養を兼ね備えた人材の育成に力を入れていることと無関係ではない。

歴代学長や教員には、京都大学で学んだ哲学者の梅原猛氏や鷲田清一(わしだ・きよかず)氏、国際日本文化研究センター教授を務めた国文学者の中西進氏らが名を連ねる。現在も宇宙物理学の教員を置くなど、大学や研究機関が集まる京都だからこそ成せる布陣は、市芸の強みだ。

市民の理解も市芸を支える。卒業生でもある赤松玉女(たまめ)学長は「京都の人は芸術が持つ良さや豊かさを知っている。だから『市立』の芸大を手放さなかった」とした上で、こう強調する。「先行きが不透明な社会にこそ、芸術を学んだ人が必要だと思う。すでにあるものを守るだけでなく、まったく新しいものを生み出すことができるのですから」

公益を謀り文化を補うを本旨とす-京都府画学校の通則にうたわれた建学の精神は、令和という新時代を迎える今も色あせることはない。(渡部圭介)

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  4. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン