暴言で辞職の泉前明石市長が市長選出馬へ 「有権者の判断仰ぎたい」 あす集会で正式表明

 部下の職員に暴言を浴びせたとして任期途中で辞職した兵庫県明石市の泉房穂(ふさほ)前市長(55)が、10日告示、17日投開票の市長選に出馬する意向を固めたことが6日、後援会関係者への取材で分かった。7日夜に支援者向けの集会を開いて正式に表明する。

 関係者によると、泉氏の子育て政策などに賛同する市民団体の主婦らが泉氏の立候補を求める計約5千人分の署名を集め、後援会幹部に出馬を要請していた。泉氏は「最終的には家族の意向を踏まえて判断する」としながらも「市民による署名活動に心を動かされた。有権者に暴言問題の判断を仰ぎたい」などと述べているという。

 泉氏は平成29年6月、道路拡幅工事に伴うビルの立ち退きが進んでいないことについて、市長室で幹部職員に「火を付けて捕まってこい。燃やしてしまえ」などと発言。今年1月29日の会見で謝罪し、2月2日付で辞職した。市長選出馬については「多くの意見を聞きたい」として明言を避けていた。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…