産学医が新発想で開発!ひざを守るウォーキングシューズ - イザ!

メインコンテンツ

産学医が新発想で開発!ひざを守るウォーキングシューズ

ひざ本来の動きをサポートすることでひざを守るという新たな発想で開発された「アサヒメディカルウォーク」
ひざ本来の動きをサポートすることでひざを守るという新たな発想で開発された「アサヒメディカルウォーク」

ひざ本来の動きをサポートすることでひざを守るという新たな発想で開発されたアサヒシューズの「アサヒメディカルウォーク」を産経ネットショップで販売中。好評の本革タイプに加えて春から夏にかけて最適なメッシュタイプも加わりました。2006年の販売開始以来、累計販売数150万足(2018年6月まで)を誇る人気の高機能シューズです。<産経ネットショップ>

人が歩行する際、足の踵から地面に着地すると、ひざ関節は、太ももの大腿骨に対し、すねの脛骨が外側にわずかに回旋します。これが本来の動きですが、老化や運動不足などでこの動きが消失したり、不安定になったりし、ひざの痛みやトラブルにつながる可能性があります。

多くの靴は、衝撃を緩和することでひざへの負担を軽減しますが、アサヒメディカルウォークは、ひざ本来の動きを靴がサポートし、ひざを守るという新しい発想で開発されました。

最大の特長は、靴底の踵の部分に配置されているスクリュー形状のゴム。これにより、踵が地面に着地する際、スクリュー部のフィンが体重圧でたわみ、踏み込むとつま先がわずかに外側に回旋。ひざに備わった回旋運動をサポートすると同時に、衝撃を効率的に分散・吸収することで、ひざの負担を軽減する仕組みです。

本革タイプは、男性用1万8360円女性用1万7280円。メッシュタイプは、男性用1万6200円女性用1万5120円。いずれも税込み、送料無料。男女用ともゆったりと履ける幅広の4Eです。

  1. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く