日仏映画協力協定、パリで締結 大林宣彦監督、役所広司さん、宮崎あおいさんらも参加

 【パリ=三井美奈】日仏の映画界の交流を深める目的で「日仏映画協力協定」が締結され、15日パリで開かれた式典には、日本映画界を代表して大林宣彦監督、俳優の役所広司さん、宮崎あおいさん、常盤貴子さんが駆けつけた。

 協定は、日本映画の海外普及を進める公益財団法人「ユニジャパン」、フランス国立映画センターの間で結ばれた。(1)古い映画のデジタル化や保存修復(2)人材の育成(3)海賊版対策のための情報交換-の協力に加え、日仏共同の映画製作に向けたプロデューサー間の交流などを定めた。

 大林監督は「フランス人は暮らしを楽しむ達人。それが映画にも描かれている」と発言。フランス映画について、役所さんは「大人っぽい人生を感じさせる」、宮崎さんは「古い建物が残るパリの雰囲気は、物作りにも生きている」、常盤さんは「20歳まで『眠いばかり』と思っていたが、30~40代で面白さが分かってきた」とそれぞれの思いを語った。

 パリでは日仏友好160年を記念し、昨年来、「日本映画の100年」と題して約100作品を順次放映するイベントを実施中。大林監督や俳優陣は、上映会のゲストとして参加することになっている。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 山梨の女児不明 20分間に何があったのか 家族が経過明かす

  5. ウクライナ避難民女性と日本人の身元保証人にトラブル続発 78人が日本から出国