フジテレビ新技術でジャンプを可視化/フィギュア

 21日に開幕した全日本選手権を放映するフジテレビは、ジャンプを可視化する独自の計測システム「アイスコープ(I-Scope)」をこのほど開発し、中継に導入している。選手の演技中にリアルタイムで飛距離、高さ、着氷時速を測る世界初の技術で、リプレー映像とともに測定値を表示。視聴者は一目で精度を認識できる。

 映像解析を手がける「Qoncept(コンセプト)」社(東京・千代田区)と11月から共同開発を始め、BSフジで中継した同月下旬の全日本ジュニア選手権(福岡)で初めて導入した。

 前日20日の公式練習で試験運用し、女子優勝候補の紀平梨花が成功させたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)では飛距離2・72メートル、高さ0・54メートル、着氷時速16・2キロを計測。開発に携わったフジテレビの島川徹平さんらは「男子に匹敵する数値」と口をそろえた。

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  4. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  5. 「なんてバカなくそ野郎だ」 バイデン大統領が記者に暴言