佐川印刷元役員らの控訴を棄却 資金不正流用 大阪高裁

 京都府向日市の総合印刷会社「佐川印刷」の子会社の資金約45億円が不正流用された事件で、電子計算機使用詐欺罪などに問われた佐川印刷元取締役、湯浅敬二(65)と建設コンサルタント、村橋郁徳(ふみのり=58)両被告の控訴審判決公判が18日、大阪高裁で開かれた。西田真基(まさき)裁判長は、両被告とも懲役14年とした1審京都地裁判決を支持、両被告の控訴を棄却した。

 1、2審を通じて弁護側は「(佐川印刷)会長の決定、承諾のもとで事業のための資金作りをしていた」として個人的な流用を否定。無罪を主張していたが、西田裁判長は「被告の供述は信用することができない」として退けた。

 1、2審判決によると、両被告は平成22年4月~26年10月、インターネットバンキングに虚偽の情報を入力し、子会社の資金計33億3千万円を詐取。湯浅被告はさらに、別の共犯者とともに計12億2千万円をだまし取った。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗