原発自主避難訴訟、最高裁で初めて賠償確定

 東京電力福島第1原発事故で福島県から京都市内に自主避難した40代男性と家族の計5人が、仕事を失い、男性が鬱病で働けなくなったなどとして、東電に計約1億8千万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(木沢克之裁判長)は、男性側と東電双方の上告を退ける決定をした。東電に対し、男性ら2人への計約1615万円の支払いを命じた、2審大阪高裁判決が確定した。決定は13日付。5裁判官全員一致の結論。

 原発事故による自主避難者への賠償を東電に命じた判決が最高裁で確定するのは初めてとみられる。各地で起こされている集団訴訟の地裁判決でも、同様の賠償命令が相次いでいる。

 判決などによると、男性は福島県で会社を経営し、避難指示などの区域外に居住。平成23年3月の原発事故後、妊娠中のパートナーと幼い子供を連れて自主避難したが、転居先で就労不能となり、23年9月に鬱病と診断された。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 秋山翔吾、広島入団決定的! 背番号『9』3年総額4億円規模、当初は西武有力も…誠意で心動いた

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」