子供の名前「ひろし」が復活するか 大阪万博開催決定

2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が決まった。昭和45(1970)年の大阪万博では、日本全体が熱気に包まれただけに、55年ぶりの開催に景気浮揚への期待は大きい。当時の興奮は、人名にも「レガシー」(遺産)として残っている。明治安田生命保険の資料によると、45年に誕生した男の子の名前では「博」の漢字を使った人名がトップ10に2つも登場。「万博」が人々に与えた感動の大きさがうかがえる。名前は世相を映した鏡のようだ。

「博」付く名前、1学級分も

明治安田生命は、保険契約者らのデータをもとに、誕生年別の名前の調査を公表している。

「太陽の塔」をシンボルに据えた大阪万博は45年3月15日、大阪府吹田市の千里丘陵で開幕。半年の期間中の入場者数は約6400万人に上り、2010(平成22)年の上海万博に抜かれるまで、万博史上で最も多い記録だった。

大阪万博開催年に生まれた男の子の名前ランキングでは、「博」が5位、「博之」が8位に入っていた。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 「おちょやん」テルヲ以上のクズキャラか?「ちむどんどん」手切れ金要求の賢秀に視聴者あ然「一番の最低エピソード」

  3. あすの「ちむどんどん」5月27日OA第35話あらすじ 良子の披露宴が行われるなか賢秀は再び沖縄を離れ…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」