吉澤ひとみ被告、憔悴…今にも消えそうな声で応答「一生忘れず過ごしたい」

9月の保釈時に神妙な面持ちで警視庁原宿警察署を出る吉澤被告
9月の保釈時に神妙な面持ちで警視庁原宿警察署を出る吉澤被告

 酒気帯び運転してひき逃げし、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪に問われた元モーニング娘。の吉澤ひとみ被告(33)の初公判が29日、東京地裁で行われた。午後2時に開廷。憔悴しきった様子の吉澤被告はグレーのスカートスーツ姿で、9月27日の保釈時に茶色かった髪は黒色に。裁判官に促されて証言台に立つと、今にも消えそうな小さな声で話し始めた。

 裁判官「名前は」

 吉澤被告(以下吉澤)「(本名の)川前ひとみです」

 裁判官「職業は無職ですか」

 吉澤「はい」

 《検察官が起訴状を朗読》

 裁判官「間違いはありますか」

 吉澤「ありません」

 《小さな声で起訴内容を認め、被告人席へ。検察官が冒頭陳述》

 検察官「ドライブレコーダーの鑑定から、事故当時は時速86キロで走行していたことが特定された。この速度から信号を見ていれば交差点の約55メートル手前で止まることが十分可能だった」。

 《事故現場周辺の法定速度は65キロ。検察官は被告の110番通報前に別の男性から通報があったと説明。被告は110番通報で「自転車を押した人をはねてしまった。今は練馬区役所にいる。すぐに車を止められなくて、今は止まれたので(通報した)」と話したという。事故直後に被告が夫とやりとりをしたラインのメッセージを読み上げる》

 検察官「吉澤被告が『人ひいた』と送ると、夫は『救急車を呼ぶように』と伝えた」

  1. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  2. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー

  3. スタバ「メロンフラペチーノ」が販売開始!ネットの評判は…?

  4. 「SOUL'd OUT」トレンド入りで「再結成?」とネット騒然 「原因はスタバ」真相に大盛り上がり

  5. 25歳・大山亜由美さん死去 がん闘病1年…芸能事務所オスカーと契約、長身美人ゴルファー