吉沢ひとみ被告初公判詳報(3)「一人の人間として考え甘かった」「車に乗るつもりはない」

傍聴券の抽選に並ぶ人と、多くの報道陣が集まった東京地裁前=29日午後、東京都千代田区(福島範和撮影)
傍聴券の抽選に並ぶ人と、多くの報道陣が集まった東京地裁前=29日午後、東京都千代田区(福島範和撮影)

 《吉沢被告の証人尋問が続いている》

 検察官「今後免許の再更新はしますか」

 吉沢被告「ないです」

 検察官「還付されたらどうするつもりですか」

 吉沢被告「処分します」

 検察官「今後、車に乗るつもりはないということですか」

 吉沢被告「はい」

 《ここで検察官の被告人質問が修了。続いて、裁判官が質問を始める》

 裁判官「気が動転して逃げたことを甘いといっていますが、どう甘いと思うのですか。またどう乗り越えていくつもりですか」

 《長い沈黙のあと、吉沢被告は、言葉に詰まりながら話し始めた》

 吉沢被告「車の運転もお酒のこともそうです。社会人として一人の人間として考えが甘かったです」

 裁判官「自身の足りない面の自覚はあるといいますが、どう乗り越えていくつもりですか。決意はありますか」

 吉沢被告「被害者に申し訳ないと思っています。十分に謝罪し…。日頃の生活の…」

 《吉沢被告は言葉に詰まりながら、言葉をつなげる》

 吉沢被告「今回起こしたことを一生忘れずに過ごしたいと思います」

 《被告人質問が終わり、論告求刑に移る》

 検察官「酒気帯び運転に加え、速度超過、赤信号看過と極めて過失が重いといわざるを得ないといえます」

 「被告は法定速度を26キロ超える86キロで進行し、速度超過の程度は大きく、また現場は見通しの良い道路で赤信号の看過は不注意であるといえます」

  1. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  2. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  3. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 「ちむどんどん」愛(飯豊まりえ)と和彦(宮沢氷魚)のキスを暢子(黒島結菜)が目撃…次週予告に「男女4人夏物語」?