イッテQ騒動、日テレ対応に局内から不満「最初から非を認めていれば…」 - イザ!

メインコンテンツ

イッテQ騒動、日テレ対応に局内から不満「最初から非を認めていれば…」

日本テレビ
日本テレビ

 【芸能ニュース舞台裏】

 週刊文春が「やらせ」と報じて以来、騒動が収拾しそうにない日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」。NHK紅白歌合戦の総合司会も担当する内村光良(53)がMCを務めている。

 「局内の空気は重たいですよ。BPO(放送倫理・番組向上機構)に報告を求められたこともあり、その結果次第でしょう」と同局番組スタッフもどこか投げやりだ。

 「過去に放送された全企画で、やらせの有無を調べるようにお達しがありました。特に祭りは本当にあるのかどうか。すでにいくつかの祭りで疑惑が上がり、セッティングしたのが同じコーディネート会社のようです」と続ける。

 局側の態度にも変化が見られる、というのはテレビ誌ライターだ。

 「騒動が起きたときの謝罪文は、コーディネート会社に責任があるかのようでしたが、その後は『当社に責任があります』と方向転換。どうして最初から非を認めなかったのかと不満が局内には多いですね。最初の謝罪文の人ごと感が日テレへの逆風の起点になるかもしれませんよ」

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる