「一緒に死にませんか」鹿児島の少女を誘い出した男を再逮捕 千葉県警

 鹿児島県の10代の少女を誘拐して連れ回したとして、千葉県警浦安署は5日、未成年者誘拐の疑いで、住居不定、無職の山本竜次被告(42)=同罪で起訴=を再逮捕した。調べに対し、「誘い出したことは間違いないが、誘拐とは思っていない」と容疑を否認しているという。

 再逮捕容疑は9月9日~10月14日、未成年と知りながら、鹿児島県の少女を家出させ、連れ回したとしている。山本容疑者はツイッターで「一緒に死にませんか」と少女を誘い出し、大阪府内で待ち合わせたとみられる。

 山本容疑者は10月15日、別の千葉県の少女を誘拐したとして、県警に同容疑で逮捕されていた。この事件を捜査していた同月14日、千葉市内のインターネットカフェで山本容疑者と鹿児島県の少女が一緒にいるのが発見された。

 県警によると、山本容疑者は少女を連れ回している間、少女のカードを使って金を引き出し、生活費にしていたとみられる。県警は誘拐の経緯などを詳しく調べている。

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ

  5. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」