みずほ銀が台湾経済団体と提携 日台企業の「橋渡し役に」

提携に調印したみずほ銀行の藤原弘治頭取(右)と三三企業交流会の許勝雄理事長=5日、東京都千代田区(万福博之撮影)
提携に調印したみずほ銀行の藤原弘治頭取(右)と三三企業交流会の許勝雄理事長=5日、東京都千代田区(万福博之撮影)

 みずほ銀行は5日、台湾の経済団体である三三企業交流会と提携した。企業同士を引き合わせるビジネスマッチングやイベントなどを開催することによって、日本と台湾双方の企業の連携を後押しする。

 みずほ銀は取引先企業と三三企業交流会の会員企業との連携が促進されれば、日台企業のアジア地域への共同進出や、日本の中小企業が抱える事業承継の問題解決などにつながるとみる。みずほ銀の藤原弘治頭取は調印式で「日台企業それぞれのニーズを把握して双方の橋渡し役となり、課題解決に取り組みたい」と語った。

 みずほ銀は1959年に台湾における外国銀行の第1号として支店を開設し、現在は邦銀で唯一3拠点を展開するなど台湾とのつながりが深い。一方、三三企業交流会は台湾の大手企業67グループなどで構成される台湾最大手の経済団体だという。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…