【父の教え】クイズの東大王伊沢拓司さん 「絶対」はない…広い視野で(1/4ページ) - イザ!

メインコンテンツ

父の教え

クイズの東大王伊沢拓司さん 「絶対」はない…広い視野で

【父の教え】クイズの東大王伊沢拓司さん 「絶対」はない…広い視野で
【父の教え】クイズの東大王伊沢拓司さん 「絶対」はない…広い視野で
その他の写真を見る (1/2枚)

 クイズ番組「東大王」で見せる圧倒的な知識量と洞察力。加えて、親しみのある笑顔でお茶の間の心をつかんだ現役東大大学院生、伊沢拓司(たくし)さん(24)は、どんな質問にもよどみなく、かつ誰にでも伝わる平易な言葉で返してくれる。その話し上手ぶりは誰から受け継いだのか。

 「父がとても口達者で。親戚の結婚式で司会をすると本業の方ですか?と聞かれるほど。そんな父から学んだところもありますね」

 父の隆司(たかし)さん(62)は、薬用酒の大手「養命酒製造」で、主に広報畑を歩んだ元会社員。冗談好きで付き合いもよく、夜はほろ酔いで帰ってくることもあった。

 伊沢さんが5歳の頃、隆司さんは帰宅後、毎晩のように「訓示」と称し、ジョークを披露した。

 「難しい言葉や政治ネタが盛り込まれた、子供相手に容赦のないジョークでした。ラジオ番組『ジェットストリーム』のCDを流しながら、『夜の静寂(しじま)の~』と番組の決まり文句を父がまねたとき、『しじま』を知らない僕は小笠原諸島の父島のことかと思って。『なんで父島なの』と父に聞くと、『しじまというのはね…』と教えてくれました。こんなやりとりを通じ、僕の語彙が増えていった気がします」

  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  5. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了