「新しい名前と誌風で再出発を」新潮45休刊で竹内洋・関西大東京センター長

竹内洋・関西大東京センター長(栗橋隆悦撮影)
竹内洋・関西大東京センター長(栗橋隆悦撮影)

論壇誌の歴史に詳しい竹内洋・関西大東京センター長の話「以前の『新潮45』は右も左も問題だという独自のスタンスの雑誌で私もよく寄稿していたが、現在の若杉良作編集長に変わってからは明確に右寄りの誌面になり、いかがなものかと思っていた。部数低迷を受け、過激な右路線で売ろうというセンセーショナリズムに走ったのだろうが、その結果、『正論』や『WiLL』と似た内容となり、雑誌としての特色が失われた。そもそも編集長次第で極端に路線がぶれるのは読者も戸惑うし、どういう雑誌か分からなくなってしまう。今回の休刊は、迷走を重ね、汚れたブランドでこれ以上続けても仕方がないという判断ではないか。新しい名前と誌風で再出発した方がいいと思う」(談)

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず