田中恒成、国内最年少で世界最速タイ3階級制覇!/BOX

木村(左)との壮絶な打ち合いを制した田中。最速タイで世界3階級制覇を達成した(撮影・村本聡)
木村(左)との壮絶な打ち合いを制した田中。最速タイで世界3階級制覇を達成した(撮影・村本聡)

 WBO世界フライ級タイトルマッチ(24日、名古屋市の武田テバオーシャンアリーナ、観衆=3700)挑戦者の田中恒成(23)=畑中=が3度目の防衛を目指した王者の木村翔(29)=青木=を2-0の判定で破り、WBO世界ミニマム級、同世界Lフライ級に続く王座を獲得した。12戦目での3階級制覇はワシル・ロマチェンコ(30)=ウクライナ=に並ぶ世界最速。23歳101日の国内最年少で偉業を達成した新王者は来年以降の米国デビューも視野に入れ、年末にもV1戦に臨む。

 壮絶に打ち勝った。最終12回。雌雄を決するようにリング中央で対峙し、互いに右ストレートを繰り出した。漫画のような3回連続の相打ちに会場が大きく揺れる。激戦を判定で制した。メンタル勝負と覚悟を決め、初めて挑戦者として臨んだ舞台。田中の心は最後まで折れなかった。

 「気持ちの勝負だと思っていた。木村チャンピオンに勝てただけでうれしい。1回から全力で打ち合うつもりだったけど、(木村に)触発もされました」

 世界最速タイとなる世界3階級制覇を国内最年少の23歳でやってのけた。7学年上ながら同じ2013年にプロ人生をスタートさせた木村に真っ向勝負を挑み、そして勝った。2回には右フックでぐらつかせ、ボディーからの左右の連打で何度も追い込んだ。

 ジャッジは1人がドローで、ほかの2人は田中を支持した。「今まで一番頑張った」と嫌いなランニングなど地道な練習に必死に取り組んだ。足は最後まで動いた。

 「いい経験ができた。短い期間で試合をやってくれた木村チャンピンには感謝しています」

 今春卒業予定だった中京大は留年した。8月までに不足していた単位も取得し、卒論も書き上げた。タイトルは「ボクシングと経済効果と夢」。岐阜・多治見市市之倉町で生まれ育った田中は、卒論の最後を「市之倉のパッキャオになります」と結んだ。史上2人目の6階級制覇王者となったマニー・パッキャオの背中を追うボクシング人生。偉業達成も道はまだ半ばだ。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」