田中、胸囲&リーチが3センチアップ 24日名古屋でWBOフライ級世界戦/BOX

予備検診を受ける田中(中央)と木村。減量苦のなくなった田中は、体がビルドアップした (撮影・臼杵孝志)
予備検診を受ける田中(中央)と木村。減量苦のなくなった田中は、体がビルドアップした (撮影・臼杵孝志)

 プロボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ(24日、名古屋市武田テバオーシャンアリーナ)予備検診が22日、名古屋市内で行われ、3度目の防衛戦となる王者の木村翔(29)=青木、同級1位で挑戦者の田中恒成(23)=畑中=とも異常なしと診断された。田中はWBO世界Lフライ級王者だった昨年9月のV2戦から胸囲が3・7センチ、リーチは3センチアップ。減量苦から解放され、ひと回り大きくなった体で世界最速タイの3階級制覇を目指す。

 階級を1つ上げたことで生じた約1・8キロのリミットの差は大きかった。田中はLフライ級世界王者だった1年前より胸囲、リーチともに約3センチアップ。減量の負担が軽減し「大きくなった実感はないけど、コンディションはいい。やり残したことはない」と3階級制覇に自信をのぞかせた。世界最速タイの12戦目&史上最年少となる偉業への挑戦。フライ級のリミット(50・8キロ)まで「あと500グラムくらい」と減量も順調だ。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者