「もう自制がきかないです」清水健太郎、覚醒剤の恐怖を独占激白 「俺の所に来い!」高橋容疑者に呼びかけた真意

自身の経験から、高橋容疑者の更生を買って出た清水
自身の経験から、高橋容疑者の更生を買って出た清水

 女優、三田佳子(76)の次男、高橋祐也容疑者(38)が覚せい剤取締法違反で4度目の逮捕となったが、更生の難しさを芸能界で誰よりも知るのが、6回の逮捕歴がある俳優の清水健太郎(65)だ。清水は夕刊フジのインタビューで、覚醒剤の怖さと再起への道のりを告白。高橋容疑者に「俺の所に来い!」と呼びかけた真意も明かした。

 「懲りないから、こんなの。脳と行動は違うから。反省とモノが目の前にあるのとでは違うんです」

 同じ過ちを繰り返す高橋容疑者について清水はこう言い切る。清水も1983年以降、大麻や覚醒剤の所持や使用などで6回逮捕された。

 「ケーキが大好きな女の子がいて、『食べ過ぎや、ダメ』って言われても、お母さんがいないときにケーキを目の前に置かれたらパクッと食べちゃうのと一緒ですよ。もう自制が利かないです」

 自身の覚醒剤依存の過去についてはこう語る。

 「それがないと起きられなくなる。ホテルで朝ぐっすり寝てしまうと、ホテルの人に起こしてもらい『わかりました』と言いながらもまた寝てしまう。覚醒剤を炙って、初めて起きられる。そのくらいのものです」

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月26日第60話あらすじ ジョーと京都で暮らすことを決意したるい、ベリーのもとを訪ねると…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  5. 松本人志、濃厚接触者に 無症状で陰性も10日間の自宅待機 「ワイドナショー」でも「おかしい」と意見