加山雄三、星由里子さんを偲ぶ「君との作品は僕の財産」

星由里子さんのお別れの会に参列した左から司葉子、加山雄三、北島三郎、里見浩太朗、宝田明=東京・内幸町
星由里子さんのお別れの会に参列した左から司葉子、加山雄三、北島三郎、里見浩太朗、宝田明=東京・内幸町

 5月に心房細動と肺がんのため死去した女優、星由里子さん(享年74)の偲ぶ会が14日、東京・内幸町の帝国ホテルで開かれ、女優の名取裕子(61)ら220人が最後のお別れに訪れた。

 1961年に始まった映画「若大将」シリーズで主人公を務めた歌手、加山雄三(81)は「君との作品は僕の財産。いい思い出をたくさん、ありがとう。君といつまでも」と遺影に語りかけ、夫婦役などで舞台共演をした演歌歌手の北島三郎(81)も「もったいないくらいの嫁さんでした」と感謝。

 俳優の宝田明(84)が「私と司葉子が次くらいにいきますので」と言えば、星さんの所属事務所の先輩女優、司葉子(84)も「誘わないでよ~」と応じ、会場は和やかな雰囲気に包まれた。

 また、遺作となる映画「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」(来春公開、小林聖太郎監督)、日中合作映画「Wish You Were Here」(来年公開、ケネス・ビー監督)の出演シーンがスクリーンに映し出された。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  4. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」