全米テニス

錦織圭は2度目の決勝進出ならず ジョコビッチに完敗 男子単

 【ニューヨーク=上塚真由】テニスの全米オープン第12日は7日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準決勝で第21シードの錦織圭(日清食品)が、元世界ランキング1位で第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。3-6、4-6、2-6のストレートで敗れ、準優勝した2014年の全米以来、4年ぶり2度目の四大大会決勝進出はならなかった。これで錦織はジョコビッチと17回対戦して2勝15敗で14連敗となった。

 9日午後4時(日本時間10日午前5時)開始の決勝は、第3シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)とジョコビッチの対決となった。デルポトロは09年以来2度目の頂点、ジョコビッチは15年以来3度目、四大大会はウィンブルドンに続く2連勝、通算14勝目を目指す。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  4. 無免許当て逃げの木下都議、シャネルに「胸元ガバガバ」赤ワンピで登場の強メンタル

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は