全米テニス

錦織圭は2度目の決勝進出ならず ジョコビッチに完敗 男子単

 【ニューヨーク=上塚真由】テニスの全米オープン第12日は7日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準決勝で第21シードの錦織圭(日清食品)が、元世界ランキング1位で第6シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。3-6、4-6、2-6のストレートで敗れ、準優勝した2014年の全米以来、4年ぶり2度目の四大大会決勝進出はならなかった。これで錦織はジョコビッチと17回対戦して2勝15敗で14連敗となった。

 9日午後4時(日本時間10日午前5時)開始の決勝は、第3シードのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)とジョコビッチの対決となった。デルポトロは09年以来2度目の頂点、ジョコビッチは15年以来3度目、四大大会はウィンブルドンに続く2連勝、通算14勝目を目指す。

  1. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. あすの「カムカムエヴリバディ」1月28日第62話あらすじ 回転焼きの評判は上々も何もできないジョー、ある日るいが倒れ…

  4. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  5. 鈴木保奈美、大学入学共通テストの英語で満点逃すも…ファン「才色兼備」「リスペクトします」