地銀再編

FFGと十八銀、苦渋の債権譲渡で競争環境維持 公取委、統合承認に傾く

 公正取引委員会がFFGと十八銀行の経営統合計画を承認したのは、公正な競争環境が保てると判断したからだ。公取委は「統合で寡占が起きれば競争が減り、貸出金利が高止まりする」として中小企業が不利益を受ける可能性を指摘してきた。しかし、両社が債権譲渡という「苦渋の決断」(FFGの柴戸隆成社長)でシェア引き下げに踏み切ったことで方針を転換した。

 FFGと十八銀は統合承認に向けて今年5月から長崎県内全ての融資先約1万6千社を回り、他の金融機関に借り換えてもらう債権譲渡の同意を求めた。融資先中小企業からは「融資条件の悪化につながる」などとの懸念も根強かったが、借入先を分散化するメリットなどを説明し、説得を続けてきた。

 シェアを落としてまでも両社が統合を急ぐのは、急速に進む人口減少などを背景にした地方経済の疲弊が大きい。特に長崎県は九州の中でも人口減少が著しく、統合しなければ生き残れないとの危機感は強い。

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月7日OA第88話あらすじ 悠人(横山裕)が低体温症になっていることに気づいた久留美(山下美月)は…

  2. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  3. 【月刊正論】幹部の収入を暴露! 日本共産党の元党員の私が20の疑問に答えます 篠原常一郎

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 吉高由里子主演「星降る夜に」第4話あらすじ 春(千葉雄大)に寄り添おうとする一星(北村匠海)、2人は大喧嘩をしてしまう