持ち合い株比率10%割れ 上場企業7年連続で過去最低

 上場企業同士の株式持ち合い比率が平成29年度に初めて10%を割り込み、7年連続で過去最低となったことが分かった。企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)の浸透を背景に持ち合い株に対する投資家の視線は厳しさを増しており、今後も比率低下が見込まれるという。

 野村資本市場研究所が22日までに保険会社を除く上場企業の動向をまとめた。上場企業の時価総額全体に占める株式持ち合い比率は前年度より0・6ポイント低い9・5%で、保険会社を含めた持ち合い比率も14・1%で過去最低となった。

 持ち合い解消が進む背景にあるのは、高まる外部圧力だ。持ち合い株に関し、27年から適用が始まった企業統治指針は「保有に関する方針」を開示すべきと明記したほか、6月の改訂で「縮減に関する方針・考え方など」を開示すべきとした。今年の株主総会でも、持ち合い株の解消を求める株主提案が出された。

 今後3年間も持ち合い比率は緩やかに低下し、32年度には9・0%程度を見込む。西山賢吾主任研究員は「企業の不合理な持ち合い株に対し、株主の同意が得られにくくなった」と分析している。

  1. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  2. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン