iRONNA発

夏の甲子園、なぜ炎天下の開催にこだわるのか 「言行不一致」主催・朝日の欺瞞

【iRONNA発】夏の甲子園、なぜ炎天下の開催にこだわるのか 「言行不一致」主催・朝日の欺瞞
【iRONNA発】夏の甲子園、なぜ炎天下の開催にこだわるのか 「言行不一致」主催・朝日の欺瞞
その他の写真を見る (1/2枚)

 「運動部のみんな、熱中症『無理』『もうダメだ』の勇気を」。こんな見出しのコラムが朝日新聞に掲載され、ネットで炎上した。「災害級」とも言われる猛暑の夏。誰がための高校野球なのか。

 リモコン片手にザッピングしていた私のカミさんが、全国高校野球の予選試合の中継に目を留めて、こうつぶやいた。

 「この猛暑に、何で試合をやらせるのかしらねぇ」

 「夏は高校球児の甲子園」と、思い込んでいた私は目からウロコである。私は空手道場もやっており、稽古は夕方から週3回ある。大人を対象とした夜の部はともかく、子供の稽古時間はまだまだ猛暑とあって、稽古が始まる2時間前から2台のエアコンと4台の扇風機をフル稼働。熱中症に神経をとがらせている。

 なにせプールに浸(つ)かっていてさえ熱中症になるのだから、文字通り「命にかかわる危険な暑さ」である。メディアがこぞって注意喚起するのは、その責務からして当然である。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」