西日本豪雨

行政の支援遠く「在宅避難者」の苦悩…健康状態に懸念も 岡山・倉敷市真備町

災害ごみが並ぶ住宅地。一部の住宅の2階には明かりが点っていた=30日午後、岡山県倉敷市真備町(須谷友郁撮影)
災害ごみが並ぶ住宅地。一部の住宅の2階には明かりが点っていた=30日午後、岡山県倉敷市真備町(須谷友郁撮影)

 西日本豪雨で大規模な浸水被害にあった岡山県倉敷市真備(まび)町では避難所ではなく、損壊した自宅に住み続ける「在宅避難者」が目立ち始めている。避難所生活になじめないことが主な理由だが、情報や行政の支援などが届きにくいといった課題もある。在宅避難者の健康状態やニーズを把握しようと、倉敷市は保健師らによる戸別訪問を開始。災害関連死のリスクも高まる中、行政が実態把握を急いでいる。(宇山友明)

 「避難所は人が多くてプライベートもないからストレスがたまる。不便だとは分かっていても自宅のほうが良かった」。真備町の主婦、河合恵里さん(44)は被災後、浸水を免れた自宅2階で夫と長女の3人で寝泊まりを続けている。ただ豪雨被害から2週間以上が経過し、最近はこんな不安も抱くようになった。「他の被災者と何か違うことをしているのでは」

 自宅が浸水し始めた今月7日午前、市内の避難所に一度は避難した。しかし座る場所はなく、眠るスペースも確保できない。長女が「避難所は嫌だ」「家に帰りたい」と泣き出したため、同日夜には避難所を後にした。

 全壊した自宅に戻ったが、1階の冷房やトイレは水没で壊れ、生活用品も不足。「ここでは生活が持たないかもしれない」と不安もあったが、友人が食料品や調理器具などを持ってきてくれたため、何とか在宅避難を続けることができた。ただ河合さんは「避難所には支援物資があるが、自宅は届かない」と肩を落とす。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  3. 15日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第19週あらすじ 新婚生活が始まった暢子(黒島結菜)、独立に向けて動き出し…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害