安倍政権考

豪雨で断水した宇和島に陸送されたのは、東京五輪の設備だった 迅速復旧に政府・自治体・企業がタッグ

 厚労省によると、装置を載せた車両は24日に高萩市を出発し、26日に宇和島市に到着、27日に据え付けの作業を始めた。小型の濾過装置なども確保できている。8月上旬に通水が開始しても、市が家庭までの管の点検や改修などを行う必要があり、蛇口をひねれば水道が飲めるという状況になるにはまだ時間がかかるが、めどはついた。

 安倍晋三首相(63)は西日本豪雨被害の対策会議などで「被災者に寄り添いながら先手先手で対応に万全を期してほしい」と重ねて強調してきた。菅義偉官房長官(69)も「できることはすべてやるという決意のもとに、国、自治体とが一丸となって被災地の復旧、復興に取り組む」と話してきた。

 今回、厚労省などの関係省庁だけでなく、東京都、愛媛県、宇和島市といった自治体、そして日本原料などの企業がそれぞれの役割や立場から、被災地のより早い復旧に向けて取り組んだ。

 「大変だったが、間に合ってよかった」

 厚労省の担当者はホッとした様子を見せていた。 

(政治部 田村龍彦)

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表