西日本豪雨

敗退後は地域に恩返し 高校球児がボランティア

災害ごみの片付けに精を出す近江瞭斗さん(右)と井元将也さん=倉敷市
災害ごみの片付けに精を出す近江瞭斗さん(右)と井元将也さん=倉敷市

 熱戦が続く第100回全国高校野球選手権岡山大会も最終盤を迎え、出場59校中55校が姿を消した。この中には西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町地区出身の選手も含まれており、敗退と同時に引退となる3年生選手らは「これまで育ててくれた地域に恩返しを」とボランティアにポジションを変え最後の夏を過ごしている。

 25日の準々決勝で、倉敷商に敗れた玉島商。4番打者だった近江瞭斗さん(18)は試合の後「自宅や近所で、被災の後片付けを手伝いたい。他校にいる真備出身の野球仲間にも呼びかけたい」と一念発起した。

 近江さんは小田川決壊直後、グローブだけを手に避難。自宅は1階天井まで浸水した。大会期間中は「野球に専念して」と家族に激励され、ずっと知人宅に身を寄せていた。悔しい敗戦だったが「気になっていた真備にようやく帰られる」との思いも強かった。

 27日、近所のごみ片付けでは同じ市立真備東中出身で、おかやま山陽高の主軸で主将だった井元将也さん(17)と合流。

 井元さん宅も浸水したが、近隣の縁者宅に避難できたため、大会前から開会後も試合日以外は後片付けに協力。隣の矢掛町では土砂崩れの現場で土嚢(どのう)の積み上げも行った。

 2人によると、地区内出身で野球部に所属した同級生は10人近く。来週には双方のチームメートが5人程度ずつボランティア入りするといい、2人は「すばらしい仲間と出会わせてくれた野球に感謝するとともに、野球で培ったパワーを地元のために役立てたい」と誓っている。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月16日OA第92話あらすじ 独立に向けて課題が山積みの暢子(黒島結菜)、賢秀(竜星涼)は我那覇と再会し…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. NHK朝ドラ「ちむどんどん」青柳家の女中、波子の「披露宴」発言にネット「言うねえ(笑)」「ナイスツッコミ」と大ウケ