主張

文科汚職拡大 不正生む土壌を根絶せよ

 教育や科学行政は国の将来を左右する。賄賂で転ぶ組織には託すことができない。

 文部科学省の汚職事件が広がり、局長級幹部がまた逮捕された。省そのものに不正を生む土壌があるのではないか。これを根絶すべく、徹底解明と検証を求めたい。

 文科省国際統括官だった川端和明容疑者が東京地検特捜部に収賄容疑で逮捕された。

 旧科学技術庁入りし、文科省総務課長などを歴任したエースだという。宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事に出向中の平成27年8月から昨年3月にかけ、会社役員から飲食店などで約140万円相当の接待を受けた疑いがある。この会社役員は医療コンサルタントとして、私立大学支援事業をめぐる汚職事件では東京医科大との仲介役だった。

 川端容疑者には、会社役員から頼まれ、東京医科大で開かれた式典への宇宙飛行士の派遣を斡旋(あっせん)していた疑いがもたれている。便宜供与などについてさらに詳しく解明してもらいたい。

 宇宙科学は、無重力を利用した最先端の実験・研究などに多額の予算が投じられるとともに、夢を語る分野でもある。

 接待などでゆがめられることがあってはならない。

  1. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 「たばこ吸わない、お酒飲まない…」元KAT―TUN・田中聖の〝奇行と予兆〟 覚醒剤所持の疑いで逮捕 インスタにはタトゥー写真投稿、本人はクリーンさ主張