西野ジャパンにひどいバッシング… 赤穂浪士、宮本武蔵も「引く兵法」

乾選手(中央)のゴールは素晴らしかった
乾選手(中央)のゴールは素晴らしかった

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会。日本代表は2日、決勝トーナメント1回戦で、強豪ベルギー代表に逆転負けしました。でも、十二分に、日本チームの素晴らしさを見せてくれました。感動の涙でボロボロになりました。世界に胸を張れるベスト16だったと思います。

 後半開始直後、原口元気、乾貴士両選手が連続得点しました。あの夢心地は、日常感じられるものではありません。大相撲の「舞の海-小錦」の取り組みで、舞の海が上手投げで小錦に土をつけたかのような、無類の快感がありました。

 それにしても、「赤い悪魔」ベルギーは怖いほど強かった。2点取っても「これでちょうどドローくらいかな…」と思ったほどです。結果的に世界の壁は厚かった。

 日本サッカー界において、W杯ロシア大会は結果以上、数字以上に、大きなものを得たような気がしました。そして、今回特に感じましたのは「応援する側も、ともに成長しなければならない」。これです。

 1次リーグ第3戦のポーランド戦。残り約10分間の戦い方について、一部のネットユーザーから、「ダサい、セコイ」「決勝トーナメントでは負けてほしい」「彼らに武士道のかけらもない。何がサムライブルーだ」などと、ひどいバッシングが聞かれました。

 そもそも、日本代表の目標は「1次リーグ突破」だった。それを達成するための戦術でしょう? 主将の長谷部誠選手の「これが勝負の世界です」というコメントに、すべてが込められていたのではありませんか?

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  3. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから