【オウム死刑執行】麻原彰晃死刑囚、自分で歩いて運動場に 関係者「執行に問題ない」(2/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

オウム死刑執行

麻原彰晃死刑囚、自分で歩いて運動場に 関係者「執行に問題ない」

 麻原被告側は1審判決後、いったんは控訴しながら、弁護人が控訴審を開くのに必要な控訴趣意書を東京高裁に提出せず、控訴審が開かれないまま裁判が終わった。このため、麻原死刑囚の確定判決は1審判決になる。これは一連のオウム真理教事件の死刑囚の中では唯一。

 控訴審の弁護人は当時、趣意書を提出しなかった理由を、「裁判を受ける能力がないため」などと説明。一方、東京高裁は職権で精神鑑定を実施。「裁判を受ける能力はある」と結論づけている。

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる