チェッカーズの最後の曲は決めていた…「ダサい終わり方はしたくなかった」 作曲家・芹澤廣明氏が激白(3/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

チェッカーズの最後の曲は決めていた…「ダサい終わり方はしたくなかった」 作曲家・芹澤廣明氏が激白

 ■芹澤廣明(せりざわ・ひろあき) 作曲家。1948年生まれ、70歳。横浜市出身。ミュージシャンとしてバンドデビューを果たすも、ヒット曲に恵まれず、75年に解散。作曲家としては「少女A」「涙のリクエスト」「タッチ」などヒット曲多数。

 5月24日、米ニュージャージー州のレーベルから、シングル「ライト・イット・アップ!」で歌手デビューを果たす。

 6月20日に2枚組CD「作曲家35周年記念企画~芹澤廣明 ANIME GOLDEN HITSTORY」(ポニーキャニオン)をリリース。

  1. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性
  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 最も利用するスマホ決済 3位「楽天ペイ」、2位「d払い」を抑えた圧倒的1位は?
  5. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも