高校野球

新しい深紅の優勝旗披露 3代目、100回大会に合わせ新調

 全国高校野球選手権大会の開幕を前に、新調された3代目「深紅の大優勝旗」が27日、甲子園球場(兵庫県西宮市)で披露された。

 大会は今回で100回目で、新調は60年ぶり。京都市の老舗業者が、西陣織最高級の技法「つづれ織り」で約1年2カ月をかけて手作業で製作した。深紅に染めた正絹の糸と金糸が使われ「優勝」の文字や、ハトと月桂樹の絵柄が手作業で織り上げられている。縦120センチ、横150センチ、重さ4・5キロで、制作費は約1200万円。

 旗には「勝者に栄光あれ」を意味するラテン語「VICTORIBUS PALMAE」の文字も織り込まれている。日本高野連の八田英二会長は「3代目を最初に手にするのはどの高校か」。

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  3. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  4. 佐藤早也伽と岩出玲亜が転倒 佐藤は両ひざから出血/大阪国際女子マラソン

  5. 「罠の戦争」第3話あらすじ 亨(草なぎ剛)は犬飼(本田博太郎)の息子の不祥事隠蔽に事務所の金が使われていたことに気づく

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン