紀州のドン・ファン怪死 22歳妻「遺産は2億円のキャッシュだけでいい…すぐに東京に帰る」

紀州のドン・ファン怪死 22歳妻「遺産は2億円のキャッシュだけでいい…すぐに東京に帰る」
紀州のドン・ファン怪死 22歳妻「遺産は2億円のキャッシュだけでいい…すぐに東京に帰る」
その他の写真を見る (1/3枚)

週刊現代記者が内幕激白

 謎が謎を呼ぶ「紀州のドン・ファン」こと、和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん(77)の怪死。県警は殺人容疑で東京都内にある野崎さんの家族などの関係先を家宅捜索した。一方、野崎さんから死の直前に相談を受けていた週刊現代記者が、妻(22)から「遺産は、当面2億円のキャッシュだけでいい」と告げられたことなど内幕を激白している。

 野崎さんは5月24日夜、自宅で死亡しているのが見つかり、その後の行政解剖で胃などから致死量を上回る覚醒剤の成分が検出された。

 捜査関係者によると、家宅捜索に入ったのは都内にある野崎さんの家族などの関係先。県警は野崎さんが覚醒剤を摂取した経緯などを調べているという。

 野崎さんは、毎月精密検査を受けるなど健康に気を使っており、酒類も口をつける程度だったといい、突然の怪死に関係者の間では衝撃が走っている。

今、あなたにオススメ

izaスペシャル

  1. 鳩山元首相「子供じゃあるまいし」首相ウクライナ電撃訪問

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 立民・原口氏「帰ったら総辞職を」首相ウクライナ訪問

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 【侍日記】ヌートバー、斎藤佑樹氏と再会し熱い抱擁

今、あなたにオススメ