シャープ社長、東芝から買収のパソコン事業「1~2年で黒字化」 成長局面に自信

シャープが東証1部への復帰を果たし、セレモニーで鐘を鳴らす戴正呉社長=昨年12月7日、東京都中央区(佐藤徳昭撮影)
シャープが東証1部への復帰を果たし、セレモニーで鐘を鳴らす戴正呉社長=昨年12月7日、東京都中央区(佐藤徳昭撮影)

 シャープの戴正呉(たいせいご)社長は6日、産経新聞などの取材に応じ、買収する東芝のパソコン事業について「1~2年で黒字化し、投資回収する。私の目標にしていく」と語った。また、自身の進退に関し「現行の中期経営計画は責任を持つ」と述べ、計画の最終年度である平成31年度が終了するまで社長を続投する意向も正式に表明した。今月20日付で会長兼務となり、引き続き後任社長の人選と育成に当たる。

 シャープは東芝のパソコン事業子会社「東芝クライアントソリューション」の株式の80・1%を約40億円で買い取ると5日に発表。22年に撤退したパソコン事業に再参入する。

 東芝のパソコン事業は30年3月期に96億円の営業赤字を計上するなど苦戦している。国内メーカーの撤退も相次ぐ市場への再参入だが、戴社長は「ただ欲しいと思った買収ではない。シナジー、成長性、収益性などを分析した判断だ」と強調した。

 そのうえで、「まずは日本国内で頑張りたい。次にグローバル展開したい」と意欲をみせた。

 一方、シャープが2千億円を上限とする公募増資を実施し、金融機関が保有する優先株を買い取る方針について、戴社長は「ずっと(優先株の)制約があることは好ましくない。自由な資本金を多く持ちたい」と説明した。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…