財務事務次官に星野次彦主税局長 後任は藤井国税庁次長 浅川財務官、岡本主計局長らは留任へ

 政府は、財務事務次官に星野次彦主税局長=昭和58年入省=を起用する方針を固めた。後任の主税局長には、藤井健志国税庁次長=60年入省=が就任する見通し。麻生太郎副総理兼財務相の信任が厚い浅川雅嗣財務官=56年入省=や岡本薫明主計局長=58年入省、太田充理財局長=同、矢野康治官房長=60年入省=も留任の方向で調整している。

 財務省では、学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる決裁文書改竄に絡み、3月に佐川宣寿国税庁長官=57年入省=が辞任した。4月には福田淳一事務次官=同=がセクハラ問題で辞任し、2トップが不在となる異常事態が続いていた。

 文書改竄で大阪地検が佐川氏を含む財務省職員の不起訴処分を決めたことを受け、財務省は4日に文書改竄に関する調査報告を公表する方針。改竄時に理財局長だった佐川氏ら理財局幹部が懲戒処分となるとみられる。政府は、これを一定の区切りと見なし、事務次官を含む財務省幹部人事を行い、信頼回復に向けた態勢づくりを急ぐ。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信