マエケン、右股関節付近の張りで緊急降板…続投意欲もボール取り上げられた

 ドジャース1-6フィリーズ(29日=日本時間30日、ロサンゼルス)米大リーグ、ドジャースの前田健太投手(30)がフィリーズ戦の二回途中に右股関節付近の張りで緊急降板した。チームは1-6で敗れ、今季4敗目(4勝)を喫した。

 「初めて強い張りが出た場所でもないし、よくあること。不安はない」

 二回二死の場面でロバーツ監督がマウンドに向かった。続投意思を示した右腕から、ボールを取り上げるようにして交代を指示。米3年目で最短の降板に無念のマエケンはうつむきながら、ベンチに下がった。1回2/3、3安打2失点。わずか38球だった。

 試合開始直後から、右臀部や太もも周辺を気にするそぶりをみせた。前回23日(同24日)のロッキーズ戦では6回2/3でメジャー最多となる111球を投げ、その後から患部に違和感を覚えていたが、回復した実感があったため、予定通り先発マウンドに臨んだ。

 30日(同31日)に精密検査を受ける予定でロバーツ監督は「DL(故障者リスト)に入る可能性もあるし、先発を飛ばす可能性もある」と語り、10日間の故障者リスト入りする可能性もある。一方の前田は「チームに迷惑をかけるのはすごく嫌い。早めに戻れる可能性は高い」と次戦に強い意欲を示した。

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. 8日スタートNHK朝ドラ「ちむどんどん」第18週あらすじ 良子(川口春奈)は重子(鈴木保奈美)に直談判しに行くが…

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」