米鉄鋼輸入、EU正式除外困難か 欧州委員が見解、1日猶予期限切れ

 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)欧州委員会のマルムストローム欧州委員(通商担当)は29日、米国による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限をめぐり、EUが求める正式な適用除外について、猶予期間が切れる6月1日までに認められることは困難との認識を示した。

 米国は3月に鉄鋼とアルミニウムにそれぞれ25%と10%の追加関税を発動したが、EUを暫定的に対象から除外。4月末にその期間を1カ月延長した。EUはこの間、正式除外を要求。マルムストローム氏は30日もライトハイザー通商代表と交渉の予定だが、「現実的に望めない」と述べた。

 EUは正式除外が認められれば自動車を含む工業製品の関税をめぐる貿易協議に応じると譲歩したが、米側はEUの鉄鋼とアルミニウムの輸入量について昨年の90%を上限とするよう求め、溝が埋まっていない。

 マルムストローム氏は仮に追加関税を免れても、少なくとも米国が数量規制を導入し、上限の超過分に追加関税をかける可能性があるともした。EUは最大64億ユーロ(約8千億円)相当の米国製品に報復関税を課す方針だが、対米交渉が続く間は正式な発動を控えるとの見方もある。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…