元日本赤軍支援の口座不正開設、左翼系紙社長に懲役2年求刑 神戸地裁 

元日本赤軍メンバーでレバノンに政治亡命中の岡本公三容疑者(70)側に使用させるキャッシュカードをだまし取る目的で、銀行口座を不正に開設したとされる事件で、詐欺罪に問われた左翼系新聞「人民新聞社」(大阪府茨木市)社長、山田洋一被告(61)の論告求刑公判が23日、神戸地裁(川上宏裁判長)で開かれ、検察側は懲役2年を求刑し結審した。判決は7月18日。

論告で検察側は、山田被告は岡本容疑者の支援者にカードを送付しており「個人利用が前提の銀行の規約に違反する」と指摘。「虚偽の申請をし、第三者に使用させる目的で口座を開設した」と指弾した。一方で弁護側は「支援者は(山田被告の)代理人で、銀行の規約に違反はしていない」と無罪を主張した。

起訴状によると、山田被告はカードを他人に使用させる目的で平成24年2月に銀行口座を開設。同年2月と8月に銀行からカードをだまし取ったとされる。岡本容疑者はイスラエルの空港乱射事件で国際手配され、レバノンに政治亡命している。

  1. NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」8月18日OA第94話あらすじ 自分の店を諦めようとする暢子(黒島結菜)に、良子(川口春奈)らがある提案を…

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー