独裁の現職マドゥロ氏再選 経済は「破綻寸前」のベネズエラ 明るい要素は見当たらず(3/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

独裁の現職マドゥロ氏再選 経済は「破綻寸前」のベネズエラ 明るい要素は見当たらず

 対外関係でも明るい見通しはない。米国は石油製品への制裁を検討しているとされ、「米帝国主義による経済戦争」と反発を強めるマドゥロ氏に関係修復は望めない。

 政権は中露、イランとの関係強化に努めるとみられるものの、債務問題が影を落とし、まさに「国内外とも課題、問題しか見当たらず、明るい要素はない状況」(現地外交筋)だ。

 選挙結果を受け、地元政治コンサルタントのエドガード・グティエレス氏は「国内的には何も変わらない。経済危機は続き、ハイパーインフレは収まらない。国際的圧力がさらに強まり、ベネズエラはまず政治的に、次に経済的に追い詰められる」と指摘した。

  1. 観光客激減の京都に高級ホテルが続々オープン!勝算は? アフターコロナを見据えた開発競争
  2. 実は3種類ある「プリンスホテル」 売り上げ1位なのに、実態がよく知られていないワケ
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 最新、衆院選「議席予測」 自公273「絶対安定多数」確保へ 立民128、共産17と共闘路線で一定の伸び “短期決戦”自力が勝敗の分かれ目に
  5. 青天を衝け、栄一の“浮気”令和3年的にはNG?「許せん」「この時代なら…」