野球経験など「人生に無駄ない」 アニメ「グラゼニ」の主演声優、落合福嗣さんが積み重ねた努力

 アフレコも小学生の頃から練習していたという。「小さい頃は、3分くらいのワンシーンのセリフをノートにひらがなで書き、(ビデオの)音を消して音読する。これが僕にとっての遊びでした」

野球経験も生きた

 ただ、すぐに声優への道を歩んだわけではなかった。大学は7年かけて卒業し、旧ソ連・キルギスへの留学なども経験。このときの日々を「自分の中の引き出しを作る作業だった」と振り返る。

 その後、コラム執筆や音楽活動などタレント活動を展開。その一方で、滑舌をよくする練習や、アフレコを続けた。

 「外国映画をDVDで見る際は、まず字幕版で見る。次に吹き替え版を見て、自分の好きなシーンのセリフをノートに書く。それから、ボイスレコーダーを起動してそのシーンの自分の演技を収録し、吹き替え版との違いを比べる。休みの日は、毎回この遊びをやってますね」

 この成果が実り、平成27年の声優事務所に所属後は、テレビ番組のナレーションやアニメへの出演を経験。今回の主演も、オーディションでつかみ取った。

 「僕の人生は一見、紆余(うよ)曲折を経ているけど、遠回りをしたとは思っていません。子供の頃に野球経験があるので、捕球時の『サード!』など、経験者特有の野球用語の発音ができたことも、今回『グラゼニ』で役を頂けた理由の一つだと思う。人生に無駄なことなんてないんです」

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…

  2. サッカー日本代表、試合前の勝負メシは「うなぎ」 専属シェフのツイッターが好評

  3. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  4. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  5. NHK「舞いあがれ!」サブタイ「別れ」は舞(福原遥)と柏木(目黒蓮)?朝ドラファン「水島学生?」「中澤学生かな?」