新潟女児殺害

優しかった「たまちゃん」 熱心に水泳を練習する姿も

【新潟女児殺害】優しかった「たまちゃん」 熱心に水泳を練習する姿も
【新潟女児殺害】優しかった「たまちゃん」 熱心に水泳を練習する姿も
その他の写真を見る (1/3枚)

 殺害された大桃珠生さんは4月に小学2年になったばかりだった。友人からはたまちゃんの愛称で呼ばれ、優しくて穏やかな性格の子供だったという。

 大桃さんは両親と兄の4人暮らし。近隣住民によると、1年半ほど前に現場近くに引っ越してきた。

 今年3月の春休みには、兄と一緒に自宅近くのスイミングスクールに通った。3年の女児によると、ビート板を使って泳ぎながら、兄に向かって「見てー」と楽しそうに声をかけていた。飛び込みの練習を繰り返す姿もみられたという。

 大桃さんは植物が大好きで幼稚園のときには園内で咲いた花を母親に持ち帰ることもあったという。

 《おおきくなったらデザイナーになりたい》。卒園文集には、こう記していた。昨年3月の卒園前には、3年後の自分に宛てた手紙をタイムカプセルに入れて埋めたが、掘り起こすことはできなくなった。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  5. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害