櫻井翔、教授の演技を反省「手を突っ込んでしゃべればよかった」

 嵐の櫻井翔(36)が19日、東京・日大桜上水キャンパスで行われた主演映画「ラプラスの魔女」(三池崇史監督、5月4日公開)のイベントに出席した。

 共演の広瀬すず(19)とサプライズ登場すると、文理学部の学生500人から「キャー!!」と大歓声。劇中で地球化学専門の大学教授役の櫻井は、慶大経済学部を2004年に卒業しているが、「理数系全くダメ。何言っているかわからない。聞きなじみのないセリフで難しかった」と四苦八苦。すずも「セリフ覚えるの大変だった」と撮影を振り返った。

 文理学部の教授の講義も受け、「講義のシーンで先生みたいに手を突っ込んでしゃべればよかった」と教授の演技を反省していた。

  1. ロシア軍〝弾切れ〟目前 年明けにも備蓄尽き…ウクライナに全土奪還される可能性 イランや北朝鮮からの供与なく軍の士気低下も

  2. 「韓国は民主国家として未熟」親日・韓国人ユーチューバー激白! 留学中に反日洗脳から解放、「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月2日OA第85話あらすじ 舞(福原遥)は父の夢に挑戦していることを祥子(高畑淳子)に報告

  5. NHK「舞いあがれ!」貴司くん赤楚衛二の反省「梅津家失格です。旅に出ます」に朝ドラファンら爆笑「毎回楽しみw」「安定」