妻・古閑美保の遠隔操作が導いた、小平の米ツアー初V 国際電話で「練習してきな!」

 「美保が結構プレーオフを経験しているみたいで、賞金女王になったときも劇的(2008年シーズン最終戦最終日に大逆転で優勝し、賞金ランキングも逆転)で『まだわからないから。ああいうこともあるから、練習してきな』といわれました。今となっては、あれが役に立ちました」と内助の功を明かした。

 この日の会見に、古閑は姿を現さなかった。トーク力抜群で、自分の方が主役になってしまう可能性もあるため自粛したようだが、会見場入り口には「古閑美保さんからの差し入れです」と書かれた浅草梅園の「栗きんとんどら焼き」など、報道陣へのおもてなしが用意されていた。

 古閑は29歳で電撃引退したときなどに何度も大きく報じられてきたが、小平がこれだけ注目を浴びるのは初めて。次は米メジャーを制し、妻を超えたいところだ。(塚沢健太郎)

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…