中国 車の外資規制2022年までに撤廃、対米摩擦で開放策アピール

 【上海=河崎真澄】中国政府は17日、日米など外資系自動車メーカーが中国で乗用車を合弁企業で生産する場合の出資規制を、2022年に撤廃すると発表した。これまでは国内の自動車産業の保護を目的に、外資には出資比率を最大で50%までに制限してきた。米国との貿易摩擦激化が懸念される中で、市場開放をアピールする狙いがある。

 規制緩和を急ぐ電気自動車(EV)などの新エネルギー車は18年中に、さらに商用車でも20年に、それぞれ出資規制を撤廃する。

 過半の出資が認められると中国での生産合弁で外資企業の経営への発言力が強まる。日本の自動車メーカーにとって、世界最大の新車販売市場である中国で事業拡大の機会が広がる。

 習近平国家主席が10日の演説で表明していた外資規制の緩和方針を、マクロ経済政策を管轄する国家発展改革委員会が具体政策にまとめた。従来は「25年までに外資規制を緩和する」方針を示してきたが、トランプ米政権の対中強硬姿勢を念頭に時期の前倒しと規制の撤廃に踏み込んだ形だ。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…