神木隆之介、初の弁護士役「法律用語が難しい。NGをめっちゃ出しました」

 俳優、神木隆之介(24)が10日、東京都内で行われたNHKの主演ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(略称・やけ弁、21日スタート、土曜後8・15、全6回)の試写会に主要キャストと出席した。

 オリジナル脚本で、中学校を舞台に神木演じる新人弁護士がモンスターペアレントや体罰、いじめなどに真っ向から取り組み、その中で傷つき成長する姿を描く物語。現実に今春から一部学校で導入されたスクールロイヤー(学校弁護士)を題材にしており、普段から滑舌のいい神木の熱血弁護士ぶりが話題を呼びそう。

 すでに収録を終えたが、弁護士役は初めてという神木は「法律用語が難しい。NGをめっちゃ出しました」と告白。同席した校長役の小堺一機(62)によると「本番は間違えなかったよ。間違えても間違えたような顔をしていなかった。座長としての貫禄がある」と太鼓判を押した。

 初の教師役を演じた岸井ゆきの(26)は、女生徒からバケツで泥水をかけられるなど悲惨な目に遭うが、「神木さんは撮影の合間は穏やかで、(周囲を爽快な気分にする)マイナスイオンが出ていた」と和まされた様子。小堺に対しても「漫談やものまねが面白かった」と思い出し笑いで打ち明けた。

 神木の所属する弁護士事務所のボス役、南果歩(54)も「神木くんのマイナスイオンはすごい」と絶賛。共演者の息も神木を柱にピッタリとあって、異色の学園ドラマとして早くも続編が期待できそうだ。

  1. NHK「舞いあがれ!」雪乃さん(くわばたりえ)の名言に朝ドラファン爆笑「冴えわたってんなぁw」「平安時代w」

  2. Wi-Fiルーターは暖房のついた部屋へ「知らんかった…」大寒波襲来を受けたバッファローの注意喚起が話題に

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月27日OA第81話あらすじ 飛行機部品の圧造に成功、笠巻(古舘寛治)は転造での秘策を匂わす

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン