エンゼルス・大谷、7回1安打無失点 本拠地初登板で12奪三振

アスレチックス戦に先発、7回を抑え雄たけびをあげるエンゼルス・大谷=エンゼル・スタジアム(撮影・リョウ薮下)
アスレチックス戦に先発、7回を抑え雄たけびをあげるエンゼルス・大谷=エンゼル・スタジアム(撮影・リョウ薮下)

 エンゼルス-アスレチックス(8日、アナハイム)米大リーグ、エンゼルスで投打の「二刀流」に挑む大谷翔平(23)がアスレチックス戦に先発し、7回を投げ毎回の12三振を奪うなど1安打無失点。勝ち投手の権利を持ったまま降板した。本拠地初登板で圧巻の奪三振ショーを披露。七回一死まで1人も走者を許さない「投手・大谷」に日曜のアナハイムは熱狂の渦に包まれた。

 圧巻の立ちあがりだった。エンゼルスタジアムのまっさらなマウンドに立った大谷。一回は先頭のジョイスをスプリットで空振り三振、続くセミエンには真っすぐで空振り三振、ローリーはスプリットで空振り三振に仕留めた。エ軍はその裏、2点を奪った。

 大谷の二回のマウンド。先頭のデービスは中飛。続くオルソンはスプリットで空振り三振。前回登板で3ランを許したチャプマンは左飛に抑えた。三回のマウンド。先頭のルクロイを一邪飛。続くピスコティをスプリットで空振り三振、続くスモリンスキーもスプリットで空振り三振に斬った。その裏、エ軍はトラウトが3号ソロを放ち、1点を追加した。

  1. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  2. 「ちむどんどん」善一が比嘉家を見放さなかった理由が判明?「スッキリ」と納得 一方「一気に冷める」と落胆の声も

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. ダルビッシュ、大谷を絶賛「本当にすごいなとしか言いようがない」

  5. 「ちむどんどん」愛(飯豊まりえ)と和彦(宮沢氷魚)のキスを暢子(黒島結菜)が目撃…次週予告に「男女4人夏物語」?