イチロー、2の0も本拠地大声援に感激「もうシアトルを離れたくない」

 マリナーズ2-1インディアンス(29日=日本時間30日、シアトル)マリナーズに6年ぶりに復帰したイチロー外野手(44)は、インディアンス戦に「9番・左翼」で5年ぶりとなる開幕戦先発出場を果たした。

 「『おかえり』と言ってもらえるのは、もう少し先かなと思っていた。こんな風にしてもらったら、この先はシアトルを離れたくないなという気持ちになりますね」

 ファンの温かさに胸を打たれていた。三回の第1打席では本拠地、セーフコフィールドでの公式戦最多となる4万7149人が総立ちとなり、レジェンドの帰還を祝った。その打席は一ゴロ、五回は空振り三振に倒れ、2打数無安打に終わったが、この日の主役は背番号51だった。

 44歳5カ月での開幕戦先発出場は、メジャーの野手ではロッテなどでプレーしたフランコ(ブレーブス、45歳7カ月)に次ぐ記録。プロ野球を含めても日本の野手では史上最年長となった。

 フリーエージェント市場の停滞で、入団が決まったのは3月に入ってから。右ふくらはぎを痛めた上に頭部死球にも見舞われ、調整が遅れた。八回の守備での交代も予定通りで、決して状態はまだ万全ではない。ただ、この日、この場所に、あのイチローが立ったこと自体に意味があった。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」