佐川氏証人喚問

文書改竄、焦点は検察捜査へ 「組織ぐるみの大胆不正、動機も悪質」と検察OB 佐川氏聴取も

【佐川氏証人喚問】文書改竄、焦点は検察捜査へ 「組織ぐるみの大胆不正、動機も悪質」と検察OB 佐川氏聴取も
【佐川氏証人喚問】文書改竄、焦点は検察捜査へ 「組織ぐるみの大胆不正、動機も悪質」と検察OB 佐川氏聴取も
その他の写真を見る (1/2枚)

 森友学園との国有地取引に絡む決裁文書の改竄問題は、27日に当時財務省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問を終え、焦点は捜査の行方に移る。学園をめぐる一連の問題を捜査している大阪地検特捜部は今後、佐川氏の聴取に乗り出すとみられる。

佐川氏喚問、収穫乏しかった

 「喚問前の状況から何も変わっていない。真相解明は検察に期待するしかない」。ある検察OBの弁護士は収穫の乏しかった証人喚問を振り返り、捜査の進展に期待をかける。

 国有地取引問題が昨年2月に発覚して以降、特捜部は学園側と国側の双方に対する告発状を受理。まず学園の補助金詐取疑惑で強制捜査に着手し、詐欺容疑などで学園前理事長の籠池泰典被告(65)らを逮捕、起訴した。

 一方、国有地を不当に安く売却したとする背任罪などは任意捜査を続行。関係者によると、捜査の過程で、昨年中には決裁文書の改竄を把握し、財務省が近畿財務局に改竄を指示したメールも確認。今月には財務省理財局の職員への聴取を始め、「改竄は本省が指示していた」との趣旨の説明を受けたという。

  1. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  2. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月6日OA第47話あらすじ 柏木(目黒蓮)は中間審査に無事合格、着陸にてこずった舞(福原遥)は…

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 広瀬章人八段は4年ぶり竜王奪取ならず 藤井聡太竜王に敗れ「スコア以上に完敗だった」/将棋

  5. NHK大河「鎌倉殿の13人」12月4日OA第46話あらすじ 京で高まる鎌倉への不信感、北条家では泰時(坂口健太郎)が思い悩み…